DHAとは

DHAとは

DHAは体に良く、十分な量摂取するべきだとよく言われていますが、実際にどのような効果があるのかご存知でしょうか?

 

DHAは現代人にこそ必要な高機能な脂肪酸であり、生活習慣病を防ぎ健康に長生きするために欠かせない栄養素なのです。

 

まずDHAは、脂質の中でもオメガ3脂肪酸の仲間で必須脂肪酸に分類されています。これは体内で作り出すことができず、その上生命維持に必須な脂肪酸であり、かならず食事によって摂取しなければならないことを意味しています。

 

DHAを含むオメガ3脂肪酸はその機能性と必須性から「ビタミンF」に分類することが検討されましたが、グラム単位の摂取が推奨されるオメガ3脂肪酸はビタミンの定義の一つである「ごく少量必要とされる」という定義から外れるためビタミンへ分類されることはありませんでした。

 

しかしながらそれ程に重要な栄養素であることは確かです。

 

またDHA特有の性質として、心臓病のリスクを大幅に減らすという点があります。中性脂肪を多く含む食事を頻繁に行う現代人にとって、心臓病の脅威は非常に大きいものです。

 

DHAの定期的な摂取は血液の粘度と過剰な凝固性を低下させ、血管を健全に保つ他血栓の発生を抑制するため、血栓が詰まって心臓の一部が壊死する心筋梗塞と言った心臓病の発生を大きく抑制することができるのです。

 

普段の食生活がだらしない人こそ必要とされる栄養素と言えそうです。