DHAが多く含まれる食べ物

DHAが多く含まれる食べ物

DHAやEPAは不飽和脂肪酸、その中でもオメガ3脂肪酸に属する脂肪酸の一種です。他のオメガ3脂肪酸と同じく魚油に多く含まれていますので、脂の乗った魚を食べるのが摂取の基本となります。

 

具体的には、魚ではサバやイワシ、ブリ、サンマなど、魚以外ではくるみなどごく一部の食品にのみ多く含まれます。定期的に旬の青魚を食べることで普段の食事からDHAを摂取できることになります。

 

多く含まれる食材はわかりましたが、問題はDHAの量です。実際どの食材にどの程度含まれているのでしょうか?

 

 

一日のDHA摂取目安量は1〜1.5gとなっており、例えば脂の乗った青魚の代表格であるサバを焼いた焼き鯖、これは100gあたりおよそ1.4gのDHAを摂取できます。

 

その他の青魚も概ね100gあたり1〜2g強の範囲に収まっており、魚を一人前食べれば一日の必要量は簡単に満たせることがわかります。

 

脂肪酸はその名の通り脂肪の一種で、水に溶ける栄養素の類(ビタミンC等の水溶性ビタミンなど)と違って毎日尿として捨てられてしまうこともありません。ですので、摂取量は一日単位で考えることはなく例えば週単位で摂取量を考えれば良いことになります。

 

魚を毎日食べなくても一週間に脂の乗った青魚を2回も食べれば、その他の食品に含まれる少量のDHAも考慮すれば十分であると考えられます。

 

どうしても青魚が食べられない、嫌いだという方は例外的にオメガ3脂肪酸を多く含むくるみなどの食品を積極的に利用するか、サプリメントの利用を考慮するという手もあります。しかし魚はDHAだけでなくカルシウムや各種ミネラルも豊富ですので、できるだけ定期的な摂取を心がけたいところです。