EPAとは

EPAとは

最近、生活習慣病予防のために必要性が度々論じられているEPAであり、きっと名前だけは聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか。EPAは特別な脂肪酸の一種であり、体の中で合成できないため必ず外から補給しなければならない必須脂肪酸の一つです。

 

EPAは魚の脂として多く含まれています。脂と言うと現代では過剰で生活習慣病の原因と思われがちですが、逆にEPAは十分な量摂取することで血液中の中性脂肪値を大幅に下げ、いわゆるドロドロ血液を解消してくれます。

 

EPAに限らず、動物性脂肪である飽和脂肪酸とは違い、不飽和脂肪酸の仲間であるオメガ3脂肪酸(リノール酸、DHA、EPA)は生活習慣病の予防解消効果が高いのです。

 

EPAは現代人にこそ必要とされる成分ですが、一方で平均摂取量はどの年代でも不足気味なのが現実です。EPAは青魚に多く含まれており、青魚は特に好みの分かれる食材の一つですから、実際には激しく不足している人と十分に摂取出来ている人の二極化が進んでいると考えられます。

 

極端な不足はさまざまな問題を招き、生活習慣病のリスクを増大させます。もしどうしても食事によるEPAの十分な摂取ができないとお考えならば、魚油サプリメントなどの利用を検討してみてもいいかもしれません。

 

ですが、魚はEPAのみならずカルシウムなどの必須ミネラルも豊富で、すぐれたタンパク源でもあるため、できれば食卓に魚を取り入れる方向で検討すべきでしょう。