EPAが多く含まれる食べ物

EPAが多く含まれる食べ物

EPAは最近危険性をよく聞く「ドロドロ血液」を防ぐために非常に重要な栄養素です。日本人の平均摂取量は目安量に届いていませんので、意識的に食事で摂取したいものです。では、どういった食材にEPAが多く含まれているのでしょうか?

 

基本はやはり青魚

 

EPAはDHAと同じオメガ3脂肪酸の一つで、魚油に多く含まれます。いわゆる魚油サプリメントや健康食品というのもこれらEPAやDHAの摂取を目的としたものです。

 

普段の食事から摂取することを考えた場合、サバやブリ、イワシなどの背に脂がたっぷり乗った青魚が最も多くEPAを摂取できるでしょう。生の魚は調理が面倒という方は缶詰を利用するのはいかがでしょうか。

 

低温で長時間の調理がなされているサバの缶詰などはEPAの損失が少なく、一度にかなり多くのEPA・DHAの摂取が可能です。生・缶詰ともに魚が食べられない、好きではないという方はくるみなど一部の魚以外の食品にもEPA・DHAは含まれますが、そういった食材はごく限られます。

 

目安は一日1g

 

EPAとDHAはその健康効果からある程度の量を摂取することが推奨されています。厚生労働省の発表ではEPA・DHA共に一日あたり1gから1.5g程度の摂取が目安とされています。

 

これら脂肪酸は水溶性栄養素と違い毎日排出されてしまうことはないため、ビタミンBやCは今日二日分摂取したから明日は摂らなくていいと言うことはありませんが、EPA・DHAは週単位で平均を出し、一日平均で目安量に届いていれば問題ないと言えるでしょう。