EPAの摂取方法

EPAの摂取方法

EPAは調理時損失の比較的大きい栄養素であり、まともな量を含む食材がほぼ魚のみということを考えると、適切な調理法を用いて効率的な摂取を心がけたいものです。

 

魚は販売品によって調理法が限定されがちですが、その中でもEPAが多く残る調理法を選択していきましょう。

 

まず、EPAの大敵はなんと言っても酸化です。EPAはすぐ酸化し、元の働きを失ってしまいます。EPAの酸化は特に高温での加熱時に起こりますので、最も損失が少ないのは当然ながら生のまま食す刺し身で、また低温で煮る煮魚類もやや損失が穏やかです。直火にかけたり揚げ物にしたりするのはEPA摂取という観点からのみ見ればオススメできません。

 

刺し身を生で食べる以外には、基本的に時間をかけ低温で煮込む必要があります。毎回その手間は捻出できないというならば、缶詰を有効活用することをおすすめします。

 

缶詰は低温で加熱加工しており、EPAなどの脂肪酸の損失が最小限に抑えられています。骨もまるごと食べられカルシウムなども豊富で、何より手軽に食べられますのでサバの水煮など脂のたっぷり乗った魚の缶詰がおすすめです。

 

また、抗酸化作用のある栄養素と同時に食べることで消化までの酸化を抑えるというのも有効です。抗酸化作用のある栄養素で最も手軽なのはビタミンCです。

 

多くの種類の野菜にビタミンCは含まれますので、魚を食べるときは野菜を一品加えるだけで、EPA摂取の面でもメリットがあり、栄養バランスも整うので強くおすすめしたいものです。